先頭に戻る

剃り残ししたくない!未処理の毛をなくすコツ

MENU
背中

 

多くの脱毛サロンは、施術を受ける前に、自分でシェービングをしてから行く必要があります。

 

しかし、家でいくら丁寧に気を付けてキレイにシェービングをしたつもりでも、サロンに行けば必ず剃り残しがあるみたいで、場合によっては料金を取らてシェービングしてもらうこともあります。

 

ここでは、その剃り残しされやすい部位や、その対策などについて紹介したいと思います。

 

剃り残しされやすい、部位とは?

わき

ひざの裏
わきのくぼみ
うなじ
フェイスライン
太もも
指毛

 

どの脱毛サロンに行っても、以上の部位は剃り残しが最も多い部位として、注意されることがあります!

 

剃り残しの、原因とは?

剃り残しの原因は、人それぞれ違うため、一言では断言できません。

 

▲急いで剃る
▲お肌が乾いた状態で剃る
▲目が悪く、良く見えない状態で剃る
▲カミソリだけで剃る…

 

十分気を付けながらキレイに剃ったつもりでも、以上のような原因から悪気がなくても剃り残しちゃう場合があります。

 

剃り残しを無くす対策とは?

カミソリ

 

剃り残しでお金を払ってシェービンクしてもらうのは、誰も嫌だと思います(;´∀`)

 

では、そんな剃り残しをなくす方法はないのでしょうか?

 

脱毛サロンの施術士に聞いた4つのコツを、ご紹介します〜

 

部位によって、違うグッズを選ぶ!

剃り残しされやすい部位は様々で、その剃り方も部位によって違います。

 

例えば、指毛やわきのくぼみなどは、T字カミソリよりもI字カミソリやフェイス用シェーバーの方が細かく面を当てることができるので、絶対におススメです◎

 

また、フィスラインなど面積が狭い範囲はカミソリでも良いのですが、太もものような面積の広い部位は、電動シェーバーの方が断然キレイに剃れます◎

 

つまり、剃る部位に合うようにグッズを変えれば、確実にもっとキレイに剃れます(*’▽’)

 

一度ではなく、何回かに分けて剃る!

一度で全身を剃ろうとすると、やはり見落としが出やすいので、できれば脱毛施術の2〜3日前から、徹底的に剃ります。

 

方法は2種類〜
1回に2〜3所ずつ、剃る部位を決めて徹底的に剃る
1回目に全身を剃り、2回目に確認剃り、3回目は剃り残しがないか徹底的にチェックする

 

どっちの方法を使っても良いですが…
一度で剃り終わろうとしないで、必ず何回かに分けて剃った方が、剃り残しをなくす有効な方法になります◎

 

部屋を明るくして、良く見える状況で剃る!

部屋が暗い・或は視力が悪いと、ムダ毛が良く見えず、剃り残しされやすいです!
特に色素が薄い産毛やぜい毛は要注意!

 

なので、必ず明るい光を付け、視力が悪い場合はメガネやコンタクトをした状態で、落ち着いてキレイに剃りましょう!

 

お風呂で剃る!

剃る時に、最もおススメの場所はお風呂です!

 

お風呂で肌が柔らかくなった状態だと、ムダ毛が無理やり引っ張られるのではなく、軽く剃っても落ちやすいです◎

 

また、強引ではないため、お肌へのダメージも少なくなります♪

 

もし、お風呂ではなく、乾燥した状態でムダ毛を剃ると、無理に引っ張られ途中で毛が切れる場合もあるし、また滑りにくいので出血などのダメージも起きやすいです。

 

まとめ

美肌

 

ムダ毛の剃り残しされやすい部位や、その対策などについて簡単に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか〜

 

脱毛コースだけでも高額なのに、シェービングでお金を払うのはやはり納得いかないですよね…(;´∀`)

 

ちょっと一手間をかけるだけで、厄介な剃り残しがなくせるので、ぜひ一度試してみて下さい(*’▽’)